あなたらしい働き方で自由なライフスタイルを!


altowa.com

 

在宅ビジネス・副業

これからの働き方は、在宅副業や在宅ビジネスが当たり前になる7つの理由とは?

新型コロナウイルスの世界的流行は、私達の今までの常識を大きく変えてしまいました。

それは「生き方」と「働き方」そして「考え方」を変えてしまいました。

この記事では、現在の社会環境・社会情勢から見て、在宅副業、在宅ビジネスの必要性をビジネス経験20年以上の私の経験から述べていますので是非参考にしてください。

 

こんな方におすすめ

  • 在宅副業・ビジネスを始めようとしている方
  • 今の会社勤務の働き方に不安を感じている方
  • 新しい働き方を探している方
  • 会社を辞めフリーランスとして働こうと考えている方

 

新型コロナウイルスの世界的流行は、私達の常識を大きく変えてしまった。

新型コロナ感染拡大により変わってしまった世の中

現在進行形の新型コロナウイルスの世界的な流行(2020.6.14現在)の影響を受け、世界中の人々の今までの常識が大きく変わった事は記憶に新しい事です。

 

数多くの企業では、今まで当たり前だった毎日満員電車で通勤し職場で仕事をしていた事がインターネットを利用して自宅で仕事を行う「テレワーク」に切り替わりました。

 

それにより企業によっては、今までやっていた仕事内容の無駄な部分が浮き彫りになったり業務改善が図られた企業も多くある事でしょう。

 

私のウェブサイトを通しても、今までほとんど問い合わせの無かったオンラインでの会議が可能なZOOMアプリに関する相談案件やオンラインで仕事をする為の相談など急激に増えました。

 

これは、アナログで仕事をされていた方が、新型コロナウイルスの影響によりオンラインで仕事をせざる負えなくなった為に起きた事です。

 

今までアナログで仕事をされていた方が新型コロナウイルスにより、アナログで仕事をされていた時よりもオンラインで仕事をする方が便利な事を知る良い機会に恵まれたと私は考えています。

 

その結果、緊急事態宣言が解除になってもテレワークで仕事される方が以前よりも大幅に増えました。

 

これは、今までのアナログで仕事をしなければダメだという常識からオンラインで仕事をする方が良いという「働き方」の常識が変わったのです。

 

働き方が変われば、自然に「生き方」「考え方」も変わります。

 

altowa
三密を避ける行動やソーシャルディスタンス、手洗い、うがいの徹底など、ここ数カ月で人々の常識を大きく変えてしまった新型コロナウイルスは、私達の「働き方」「生き方」「考え方」に進化をもたらしたと私は感じています。

ポイント

この様な急激な人々の変化が起こってしまった以上は、今までの「働き方」「生き方」「考え方」では、通用しない世の中になってしまった事を自覚しなければなりません。

だからこそですが、今まで一部の人にしか注目されて来なかった「在宅副業」「在宅ビジネス」が今後は必要不可欠な働き方になると言えるのです。

 

在宅副業・在宅ビジネスが当たり前になる7つの理由

在宅副業・在宅ビジネスが当たり前になる7つの理由

在宅副業や在宅ビジネスは、新型コロナウイルスが流行する前から一部の人達の間では注目を浴びていました。

 

新型コロナウイルスが流行した事で「在宅副業」「在宅ビジネス」が多くの人々に脚光を浴びるようになりました。

 

altowa
この様な背景を踏まえて、今後の私達の働き方が在宅副業や在宅ビジネスが当たり前になる7つの理由をまとめました。

 

① 一企業に収入源を頼った生き方はリスクが高すぎる。

現在は、一般的な企業で一生懸命働いても生活は豊かになるのは難しい時代と言えます。

 

消費税の増税など税金の増税や企業で働いても賃金がなかなか上がらない現状があるからです。

 

下記の図の実質賃金指数の表を見て頂ければ一目瞭然ですが、日本は、過去20年間、賃金が下がっている酷い状況なのです。

実質賃金指数とは?

物の値段に対して賃金が上がっているかを示す指標の事で、物価の上昇よりも賃金の上昇が上の場合は実質賃金指数はプラスという事であり、プラスであれば本当の意味で賃金が上がっているという事になる。

引用: 全労連が作成した資料より

この実質賃金指数を見ると日本の賃金の現状は過去20年間を通してマイナス成長で賃金が下がり続けているという酷い状況といのがわかると思います。

 

先進国の中でもダントツに悪い数字でこの先すぐにV字回復が見込めるかというとまず不可能と言わざる負えない状況です。

 

altowa
更に現在はコロナショックによる大きな問題も抱えてる状況では一企業に収入源を頼った生き方はリスクが多きすぎると言わざる負えないません。
だからリスク回避の為にも万が一に備えて収入源は複数持っておく事が大切という事ですね!
hana

 

② いざという時は国や会社が当てにならない。

国や会社を当てにしても中々助けてもらえず、いざという時は自分達で何とかしなければならないという事を今回の新型コロナウイルスの影響で思い知らされた方は数多くいらっしゃると思います。

 

私自身も思い知らされた一人ですが、本当に大変な思いをしました。

 

altowa
私の場合は、会社以外にもネットビジネスでの収入源がありましたので何とかなりましたが、もしも私が飲食関係の仕事一本で生計を立てていたと考えるとゾッとします。

 

③ 疫病の流行で大きく影響をうける職種やビジネスはリスクが高すぎる

今回は新型コロナウイルスが世界的に流行し「飲食、旅行、レジャー、エンターテインメント、サービス業etc...」などなどこれらに関係する様々な業種が大変な事になりました。

 

しかし、この先もまた大いに疫病が流行する可能性があるという現実を受け止めなければいけません。

 

だからこそですが、収入源をいくつも持っていることでリスク回避する事が出来るのです。

 

altowa
在宅副業・在宅ビジネスであれば疫病が流行したとしても受ける被害は最小限で済みます。

 

④ 少子高齢化社会、年金問題、終身雇用制の崩壊など

終身雇用制の崩壊により一企業に長年勤めて居れば裕福になれた時代はとっくの昔に終わりました。

 

もう私達一般人が一企業に勤めて得る賃金だけでは、裕福になれないばかりか、働いても貯蓄に余裕が回らない低所得者になってしまう時代なのです。

 

さらに追い打ちをかけるように将来の年金2000万円問題など老後を裕福に生活する事はできないという現実が近年明らかになりました。

 

さらに今後も加速する少子高齢化社会により税金が高くなり一般人の生活を圧迫する事は目に見ているのです。

altowa
年金は自分達で何とかしなければならない、一企業だけの収入では裕福な老後は送れない時代だと考え、手軽に始める事ができる在宅副業・在宅ビジネスで稼いで老後の貯蓄する事が賢明だと言えます。

 

⑤ 近い未来、科学技術、テクノロジーの急激な進歩により仕事が減る。

最新テクノロジーの進歩が目まぐるしく進む現在において、AIや更なる自動化の波が今後急速に加速する事が予測されています。

 

現在、第四次産業革命が起きている最中ですが、急速なテクノロジー進歩による社会変化に対しても雇用・労働需要の減少する事を政府が予測しています。

3 第4次産業革命の労働生産性や雇用への影響
(生産性向上と雇用への影響)
第4次産業革命は、AIや機械によって労働の代替が促され、労働需要が減少する効果と、新たな財・サービスに対する需要の創出により、むしろ労働需要が増大する効果が考えられるが、どちらの効果が大きいかは必ずしも明確ではない。

第4次産業革命が雇用を削減する方向に働くとする見方では、当該革命により、生産に係る労働力の大部分がAIやロボットに代替されるため、全要素生産性と資本ストックを主体に生産する経済に移行する結果、多くの雇用が失われ、一部の高スキルの高所得者とそうでない低所得者の間で格差が拡大するとの指摘がある。

引用:内閣府 第2章 新たな産業変化への対応(第1節)より 

上記の様にAIなどによる自動化に代わられやすい業種の方は十年以内に新たな働き方を見つけて行動に移さなければなりません。

 

現在の仕事をすぐに辞めて転職する事できる人はほんの一握りでしょう。

 

hana
年齢的にも若い方ならば転職も考えられると思いますが、ある程度年配の方は簡単にはいきませんね。
年齢問わず在宅副業・在宅ビジネスであれば、マイペースで年齢も気にせず取り組む事が出来るのでおすすめです。
altowa

 

⑥ 在宅副業・在宅ビジネスは低予算・低リスクで手軽に始める事が出来る。

サラリーマンの収入ではお店を出したり、事業を立ち上げる事は大きな資金を必要とする為ハードルが高いですが、低予算で始める事ができる在宅副業・在宅ビジネスは誰もが手軽に初めやすいです。

 

私達の働き方が在宅副業・在宅ビジネスが今後当たり前になってくるのは、低予算・低リスクだからこそ多くの人が取り組みやすいからです。

 

⑦ サラリーマンでは稼ぐことが出来ない大きな収入を得る事ができる

サラリーマンの平均的年収300~500万円といったところですが、在宅副業・在宅ビジネスでは、年収1000万~数億円を稼ぐ事も大いに可能です。

 

altowa
この様なご時世だからこそ在宅副業・在宅ビジネスが当たり前になる最大の理由は、サラリーマンとは比較にならない程のお金を稼ぐことが出来る事です。

 

まとめ

この様に在宅副業・在宅ビジネスが当たり前になる7つの理由をお話してきましたが、現社会環境では、一企業で働いているだけではこの先の未来は真っ暗といと事がご理解いただけたのではないでしょうか?

 

今、勤めている仕事が上手くいっているからといって一年後、二年後は今と同じ様に上手くいくとは限らない非常に不安定な現代社会だという事を考えて行動しなければならいのです。

 

特に今現在、サラリーマンとして会社勤めはしているけれども得ている収入が毎月毎月ぎりぎり、貯蓄余裕がない火の車状態の方は勇気を出して一歩踏み出して在宅副業などを始める事を強くおすすめします!

 

私の経験上、数多くの方に在宅副業・在宅ビジネスを教えてきましたが、在宅副業・在宅ビジネスを始めたからといっても、すぐに一人前になって稼げるわけではありません。

 

一般的な仕事と同じように副業でも初心者、新人さんの時は何もできないのです。稼げる様にはある程度時間かかるのが当たり前なのです。

 

だからこそですが、少しでも今現状の置かれている自身の環境に危機感を覚えられるのでしたら、すぐに行動に移すべきだと私は考えます。

 

\この記事はお役に立てましたか?/

おすすめ記事

1

新型コロナウイルスの世界的流行は、私達の今までの常識を大きく変えてしまいました。 それは「生き方」と「働き方」そして「考え方」を変えてしまいました。 この記事では、現在の社会環境・社会情勢から見て、在 ...

2

この記事では、ウェブマーケティングで副業を始める為に必要な物や費用などを詳しく解説しています。   altowa私の15年のビジネス経験とウェブマーケティング5年の経験からこの記事を書いてい ...

-在宅ビジネス・副業

© 2021 あるとわ